無料の不用品処分は本当に無料なの?無料廃品回収の信ぴょう性は?

無料の不用品処分は本当に無料なの?無料廃品回収の信ぴょう性は?の口コミ、無料の不用品処分は本当に無料なの?無料廃品回収の信ぴょう性は?の料金
不用品処分の便利屋募集中






チラシなどで見る軽トラで地域を回っている無料の不用品回収とは本当に無料なのか

一般的な例から申し上げるとまず無料はありえないでしょう。

買取できるような程度の良い不用品ばかりであれば別ですが、壊れたものはキズの多いもの、劣化が激しいものなど無料で引き取ってくれることはないと考えてください。

ごみ処理業者も処分にはお金がかかる

廃品回収などの業者がごみを回収した場合、大きく分けて2通りの方向性があります。

・転売しお金に換える

・処分場でお金を払い処分する

この2つになります。

つまりは明らかに売れるようなものでなければ業者もお金を払って処分するのが普通であり、一般の方が処分するのを業者が代行で行うと考えてもらうとわかりやすいでしょう。

この場合は業者も処分にお金がかかるものなので、これを無料で請け負う業者はいません。

なぜ無料回収と書いてあるの?

ハッキリ言って誇大広告、客引きです。

無料で引き取れるものもある可能性があるので、一概にウソとまでは言いませんが、基本的には現場で「これは処分にお金がかかりますね」と言われるのがオチでしょう。

例外はリサイクルショップ運営

回収業者が直営で比較的大きなリサイクルショップなどを運営している場合は少し違います。

もともと修繕する技術があるスタッフがいるために無料回収しても修繕、清掃などして転売で利益を出せるからです。

これはあくまでも直営であることが前提で、リサイクルショップに持ち込むとなると利幅はかなり減るので通常は無料では引き取りません。

無料の廃品回収に関する口コミとトラブル

ポストのチラシで廃品回収を頼んだら

都内で引越しをすることになり不用品がたくさん出るので、ちょうどその時ポストに入っていたチラシがあったので「無料で不用品回収します」という見出しにつられ依頼しました。しかし実際は、これは無料では無理、これも無理となって結局8万円かかると言われました。話が全然違うと言ったところ「じゃあ5万円ならどうですか」と言われあまり時間もなかったので泣く泣く依頼しました。正直騙された感しかなかったです。お金がかかるならかかるで仕方ないので完全無料のような広告はやめてほしいです。

回収費と処分費が別にかかりますよと言われた

無料回収と言っていた便利屋が現地で「無料で引き取れるものは引き取りますが基本回収費がかかる」と言われました。また、引き取れないものは処分費も別でかかると言われ、結局12万と言われ断りました。ものすごい時間の無駄でした。逆にホームページで金額が記載してあった業者に電話してきてもらったら、きちんとその金額でやってくれて非常に助かりました。金額は6万円、何と最初の業者の半額です。「只より高い物はない」という言葉が身に沁みました。

不用品処分は買取可能業者がおすすめですよ

無料の廃品回収などはないという認識はあったので5万円程度は覚悟していた不用品処分ですが、買取も可能と書いてあった業者に連絡して来てもらったところ、ほとんどリサイクルできるので車両費の5千円でいいです、と言われびっくり、予定より4万5千円も安くなりました。不用品処分を業者に依頼するなら買い取り実績のある業者がおすすめです。

見積もりは複数業者に依頼して料金比較を

不用品処分に関して全く知識がなかったのでいくつかの業者に連絡し見積もりに来てもらいました。びっくりしたのが値段の差です。3万円という業者から上は14万、その差、10万以上です。なぜ同じゴミでこんなに差が出るのか理解できませんが複数業者に合い見積もりをかける重要性がわかりました。また、金額だけではなくスタッフとしゃべることにより、人間性もわかるので、そういったところから選ぶのもよいと思います。私は結局、最安値ではなく書面にて見積書も出してくれた5万円の業者に依頼しました。

役所の粗大ごみ処分と併用して使う便利屋をお勧め

ご存知かと思いますが、役所で粗大ごみ処分を依頼すれば所定の日に購入した指定のシールを貼り玄関前などに出しておけばかなり安く処分できます。しかし現実的には大きな家具や重いものなど女性の一人暮らしやご高齢の方では部屋の外に出すのでさえ困難なものがありますので実質出せないという現実があります。そういった物だけをうまく便利屋などに依頼して出せるものは役所に出すというほうが予算は抑えることができます。しかし、便利屋にソファー一つの処分を依頼しても、そこにイスがついてもトラックに載せるだけなので料金が変わらないケースもあるのです。それを考えると、まず役所では無理、というものを選定し、便利屋に相談してから残ったものを役所の粗大ごみで出す、というのが良い順序ではないでしょうか。何度か経験したうえでこのような見解に行きつきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

無料で不用品回収できる便利屋、24時間対応、今日作業できる便利屋探し。